大学院

コロナ (COVID-19)予防のために!【高齢者向け】

コロナウイルス(COVID-19)予防は、抵抗力の低い高齢者や基礎疾患のある方にとって、特に重要になってきています。

なぜなら、これらの人々では重症化するリスクが高いからです。

一方で、高齢者では、他の病気になるリスクも高くなっています。このため、高齢者や基礎疾患を持っている方では、コロナ感染の予防に加えて、持病管理や他の生活習慣病予防も並行して行っていかなければなりません。

今回は、高齢者のためのコロナ感染予防策について、いくつかのサイトを参考にご紹介します。

感染により重症化しやすい人

厚労省:新型コロナウイルス感染症への対応について(高齢者の皆さまへ)

感染しても約8割の方は軽症で経過し、治療する例も多いことが報告されています。しかし、高齢者や基礎疾患のある方では重症化するリスクが高いことも報告されています。

アメリカの疾病予防管理センター(CDC)より

  • 65歳以上の高齢者
  • 施設に入所中の方
  • 要介護状態の方
  • 慢性的な肺の病気を持っているか、中〜重度の喘息の方
  • 深刻な心臓病を持っている方
  • 抵抗力が弱くなっている方(がん治療中、喫煙者、骨髄・臓器移植、免疫不全、エイズ、長期間のステロイド使用、長期間の免疫を弱くさせる薬の使用)
  • BMI 40以上の極端な肥満の方(BMI:body mass index)
  • 糖尿病の方
  • 透析中の方
  • 肝臓病の方

死亡者の10人に8人(8割!)は65歳以上の高齢者であるとの報告があるようです。

感染予防のために

どう感染するか?から予防を考える

飛沫(ひまつ)感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが飛び、それを吸い込むことで感染します。

このため、予防法は他人と近くで会話しないことが基本となります。「3密」を避ける必要があるのはこのためですね。

  • 間近で会話や発声をしない(密接場面✖️)
  • 多数が集まる場所に行かない(密閉空間✖️)
  • 換気の悪い密室にいない(密閉空間✖️)
  • マスクをする

接触感染:感染者のくしゃみや咳やつばが、ドアノブやてすりや物品などに付着していることがあります。これを触ることで手にウイルスが付着してしまい、その手で口や鼻を触ることで感染します。

予防法は、手を洗うか、手を消毒することです。特に、外出先から帰ってきた際は必ず手を清潔にすることが重要です。

もちろん、3密を避けることも、飛沫がついている物に触れる場面が減るので有効です。

  • 手を洗う
  • 手を消毒する
  • 身の回りを清潔にする(消毒の仕方

もう少し細かな高齢者の感染予防策

J Nutr Health Agingに出ていた論文を参考にしました。

国際老年学・老年協会のアジア・オセアニア地域(International Association for Gentology and Geriatrics Asia/Oceania:IAGG-AO)推奨によるものですね。

COVID IAGG-AOの頭文字に沿って、高齢者のためのコロナ感染予防法が11種類紹介されていました。

  • 十分な睡眠
  • 楽観(ふさぎ込まないように)
  • 屋内でも活動
  • 十分な栄養と口腔ケア
  • 他人と距離をとる
  • 社会的なサポートや家族や友人とのコミュニケーションを増やす
  • いつもの服薬を続ける
  • 朝日を十分に浴びる
  • 相談する(各都道府県の相談センター) → 息苦しさ(呼吸困難)、胸痛、発熱(37.5℃以上が2日間)、強いだるさ(倦怠感)など → 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安
  • 積極的に手を洗うか手を消毒する
  • 食事や薬を配達してもらう(家族、ヘルパー、ネット注文)

まとめ

高齢者や基礎疾患を持っている方は、コロナウイルス感染症にかかると重症化しやすいです。

予防することこそ、高齢者を守るためのベストな道です。

若い方々も、感染の媒介者にならないようにしっかりと予防していきましょう!