ガジェット

iPadのマルチタスク機能が神すぎて、ますますPCを使わなくなっている話

私はiPad Pro11インチをもっております。この11インチ、ガチの資料作成には画面が小さいことが気がかりでした。しかし、最近iPadのマルチタスク機能を覚えて超便利になって感動したので、紹介します。

具体的には、以下の問題についての解決策となります。

読んでもらいたいヒト
  • iPad10〜11インチは軽くて良いけど、作業するには画面が狭そう
  • とくに、いろいろ参照しながら(メモとかサイトとか)の文書作成がやりずらそう
アイコン名を入力

今まで13インチPC使ってたから、余計に作業スペースが狭く感じそう。

アイコン名を入力

やっぱりさ、文書作成はできるにしても、ある程度用途が限定されちゃうんでしょー。

結論:iPad10〜11インチでもSlideOverを使えば快適に作業できます!

これ、すごいですね!というか、この機能、MacBookにも欲しいです。

Slide Overを文書・資料作成に利用!

資料やサイトを参照しながら文書や資料を作成する際に、超絶便利な機能です。その理由は、画面を分割せずに参照することができるからです。これによって、作業画面が広いまま保てるんですね。

参考資料やWebサイトやノートって、「ちょっと見たり調べたりしながら作業したい」って感じですよね。机の上に参考資料を散らばせておくみたいな。画面分割して、常に1つの資料を参照しておきたいものではない訳です。むしろ、作業画面は広くとっておける方が作業効率が上がります。

SlideOverはこのように、資料をチラ見したり、ちょっと調べ物したりしながらの作業が快適にできるんですね。

私の場合は、このブログを書く際にデジタルノートを参照しながら書いています。と同時に、ちょこちょこ調べものをしたりしながら書いています。まさにこのSlideOverは最適な機能でしたね!

また、今後、研究論文・抄録・プレゼン資料など、文書・資料作成をする際にも超絶役立ってくれるはずだと期待しています!

「スマホが常駐している感じ」って言っていた人がいましたが、まさにそんな感じです。私も、この使い方に気づく前は、ちょっとした調べ物はわざわざスマホで行ったりしていました。

iPadの他のマルチタスク機能

  • SplitView:画面分割するアレです。ファイル移動(ドラッグ&ドロップ)に便利ですね。
  • ドラッグ&ドロップ:PC使っている皆さんならご存知のアレです。直感的に作業できて便利。
  • ピクチャインピクチャ:動画(YouTubeや映画)を小さい画面で見ながら他の作業ができるようです。私はあまり使いこなしていませんが。

iPadで作業って便利だけど画面汚れる問題

iPadのデメリットってなによ?って荒さがし。

今思いつくのはこれ(画面が汚れる)ですかね。ズボラな私でも気になるレベルで汚れまくります汗

これはiPadや2in1PCの宿命でもあるんで、完全解決は難しいです。でも、クロスやフィルムを工夫すると幸せになれるかもしれません。今度オススメの方法が見つかったらレビューしますー。

まとめ:「PCでしか資料作りできない」予防にiPadの使いこなし方を知ろう!

SlideOverを使用することで、10〜11インチのiPadでも、超快適に資料作りができます。マルチタスク機能の進化は半端ない。