ガジェット

大学生・大学院生のiPad活用術【次世代英論文管理】

最近、以下の悩みが劇的改善したのでメモ。

  • 論文をたくさん読めるようになりたい。
  • 英論文を読みたいけど英語が得意じゃない
  • どんな論文を読んだのか、どこに論文をしまったのか忘れる。

英語論文たくさん読んでるって憧れない?

うん、でも読むには相当気合いれなきゃならないよねー。読んでもすぐ忘れちゃうし。

結論:iPadを活用しましょう!

それも、できればiPad Pro 11インチが良いです。

以下にその理由を述べていきます。

11インチは軽い!論文を読む&メモをとるなら十分な広さ

重さ469gですので、ペットボトル(500ml)より軽いです。11インチの広さは、A4用紙の論文を表示するのには少し狭いですが、全く不便はありません。拡大 &縮小がストレスフリーなので。iPad Proには12.9インチもありますが、631gと片手で持って読むには少しストレスです。

軽いこととメモをとるだけで言えば、無印iPadやiPad Airでも良いです。でも、Apple Pencil2が使えるからProをお勧めします!

iPad Pro + Apple Pencil 2 の組み合わせ最強!

iPadにPencilがくっつくのは、想像以上に便利ですよ。

Pencilのちょっとした置き場・定位置になってくれます。iPadでは論文読み以外にも調べごとやYouTubeなど、Pencilを使用しない場面もたくさんあります。そんな時に「パチッ」とくっつけられるのは非常に便利なんです。

GoodReader + GoodNotes + Mendeley の組み合わせよし!

以下が現時点での僕の環境です。

  • 論文読み & 書き込み = Good Reader
  • 論文ノート = GoodNotes
  • 論文管理 =  Mendeley + クラウドストレージ

特に、GoodNotesによる論文ノートが捗ります。

こんな感じで、自作の「論文ノート用のテンプレート」に書き込んでいく感じです。これら「論文ノート」をまとめておくことで、あとで復習や探し物をする際に役立ちます。また、何よりも論文を読むほどノートが累積していくので、「こんなに読んだのか〜」と成果を実感しやすくモチベーションUPに効果的です。

GoodNotesにスクショ画像を貼り付けるのもサクサクです。

また、「論文ノート」はGoodReaderで論文PDFに貼り付けることも可能です。後で見返す時に便利ですね。

論文管理はMendeleyを使っています。論文PDFを入れていけば自動でファイル名をつけてくれます。無料です(2GBまで)。

また、論文を読む際に内臓辞書で基本的な英単語をドラッグ&タップだけで、サクッと調べられるのは本当に助かります。もちろん専門的な用語も、ネットが繋がっていればサクッと調べることができます。

iPadで論文管理をするデメリット

  • お金がかかる・・・
  • 他のタブレット持ってる・・・

これは確かにそうですね。逆に、お金がかかることが唯一の欠点だと思います。でも、僕の場合は「投資」だと思って思い切りました。これから大学院生として「頑張る」決意としてですね!

今からしていく「頑張り」が、何倍にもなっていくためのツールとしてiPadの購入を決意しました。

購入から3ヶ月くらい経過した現在、本当に買って良かったと実感しています。便利さが異常です。

特に、Appleには「便利になっただけ」以上に感動もありました。僕はこれまでにApple製品を持ったことはありませんでしたから、余計にですね。

今回紹介した「論文を読むため」の活用以外にもiPad Proは超活躍しています。

iPadの利用は、これまでのWeb閲覧や動画視聴などの用途に加えて、半PC&ノートとしての利用用途にも対応している点でとても優れています。実際、PCの持ち歩きはしなくなったし、ノートはiPadで事足ります(それも紙ノートよりも超便利)。

その辺の活用例については以下をご覧ください!

→「iPad+GoodNotesを利用したノートの取り方

→「iPad ProのPC化が快適すぎてパソコンをほとんど開かなくなった件

→「iPadのマルチタスク機能が神すぎて、ますますPCを使わなくなっている件

まとめ:iPadで先端情報不足を予防!

iPad Proによって英論文を読んだり、思い出したり、管理したりがめっちゃ捗ります次世代の情報収集&管理方法と言うにふさわしい。