筋トレ

自宅でガチ筋トレする人のための器具スペース節約術

たたみ半畳程度のスペースに、ガチ筋トレ器具を収納している私の工夫をお伝えします。

  • 自宅でガチ筋トレをしようかと考えている
  • 自宅で器具を使用したガチ筋トレをしたいけどコンパクトに収納したい
アイコン名を入力

ジムに行くお金がもったいなくて。自宅でできないかな〜

アイコン名を入力

でも自宅には大きい器具を置くスペースはないし、かといって自重筋トレだと筋肥大しにくいし。

今回は筋トレ大好きな私が、自宅でガチ筋トレをしていく上で工夫している点について紹介します。

結論:たたみ半畳のスペースに80kgダンベル・懸垂ジム・ベンチ収納ができます。

とくに、私はマンション住まいなので、十分な筋トレスペースをとることができません。このため、スペースを節約しながらガチ筋トレができるように工夫しました。

上手く器具を選定すれば、懸垂スタンドくらいのスペース(たたみ半畳くらい)に全て納めることができます。

以下が私の筋トレ器具収納術です。

使用器具は可変式ダンベル(40kg×2)・折り畳みベンチ・懸垂スタンドです。

ガチ筋トレのためのキモは、可変式ダンベル&ベンチです。可変式ダンベルは「カチカチ」っと重量が変えられるため、小スペースかつ便利です。

筋トレ意外にも、上着&洗濯物干し用の家具として活用中だったりします。妻や家族を説得する際の説得材料の一つとしてご活用ください笑

DSC_0297

この環境で以下のメニューをこなしています。

  • 全身:ダンベルデッドリフト、ダンベルシュラッグ
  • 胸:ディップス、ダンベルチェストプレス、デクラインプッシュアップ
  • 脚:ダンベルスクワット、ダンベルブルガリアンスクワット
  • 背中:チンニング、ダンベルローイング、リアレイズ
  • 肩:ダンベルショルダープレス、ハンマーカール
  • 腹:クランチ、腹筋ローラー

各10回×2セットを1日3回(朝1・夜2)行っています。目標はクリロナくらいのマッチョです。

まとめ:「筋トレ貧乏」予防のために、自宅に筋トレスペースを確保しよう!

たたみ半畳程度のスペースを確保できれば、自宅でガチ筋トレできます!ジムに通うよりもお金・時間が節約できます。