仕事

【副業】職場で認められていない事をチャンスに変える方法

職場で認められるためには、コミュニケーション能力が必要とされます。上司に気に入られるためには、多少媚を売る必要があります。例えば、雑用を含め上司の仕事を進んで引き受けるとかですね。

特に、古い考えを持った人間が上にいればいるほど、この傾向があります。

かくいう私も「職場で認められていないヒト」です。今回は、そんな私がこの境遇をチャンスと捉えていることを書きたいと思います。

読んでほしいヒト
  • 職場で認められていないと感じる
  • 上司とソリが合わない
アイコン名を入力

上司に気に入られないって結構落ち込む。。

アイコン名を入力

逆境を力に変えたいけど、どうすれば良いのかな。。

結論:残業せずに早く帰って勉強できるなら、認められていない境遇はチャンスです!

上司に気に入られていると、どうしても仕事を頼まれることが多くなって、残業時間が増加しがちです。

しかし、上司に気に入られていなかったり、認められていないと仕事が降ってこないです。これを逆手にとって自分の勉強時間を増やしましょうという話です。

仕事の他に稼げる可能性がある!

副業ですね。こっちを頑張れるというメリットがあります。

これからは日本の衰退に伴って、会社での給料が伸び悩むであろう未来が予想されます。このため、今の仕事の他に、稼げる方法を模索することは重要です。

特に、現代はIoT・AIなどのデジタル革命期です。新しい技術の進展により、社会が変わっていく時です。

この時期に、自分の興味のある分野や専門分野などを深め、新しい技術によって変わっていく様を勉強し、予想しておくことが充実した未来につながっていくはずです。

逆境をチャンスにするために

残業は最小限にとどめましょう。そして、自力を向上させることに集中します。具体的には、自分の勉強&発信の時間をとります。

そして、必ず「成果は形に」しましょう。

なんとなく勉強するのはいけません。勉強した「結果」を残すことにこだわりましょう。なぜなら、他人から認められるためには「目に見える結果」が必要だからです。

「勉強しました」では他人は説得できません。「結果」はそれ自体が「勉強・努力」を物語ってくれます。

例えば、「結果」は、私なら社会人大学院ですし、このブログです。他にも研究発表や理学療法士の認定資格、TOEIC受験など、行う勉強すべてにおいて「結果が形に残る」ことにこだわっています。

私のはなし

なぜ私は職場で上手くいっていないのか。それは、私のコミュニケーション不足と、「結果」不足によります。

私は、以前の病院に9年間勤め、今の病院に転職しました。今は転職2年目です。現在の病院はできたばかりで、新しい試みをすることに惹かれて転職したわけです。

しかし、上司の考えに納得できないことが多くあり、それが上司に伝わったことで干される形になってしまいました。これは私が反省すべきコミュニケーションエラーでした。

また、私には「結果」がありませんでした。客観的に認められうる結果です。

上司に気に入られず、「結果」もないとなると、もうその職場での立場は危ういです。

逆境でメンタルを保つ方法

逆境は精神衛生上良くないです。実際、結構きついこともあります。

でも、だからこそ「結果」を出すことにシビアになれるはずです。「結果」を出すことに拘って集中できるのです。

私は元々ズボラで怠け癖のある人間でした。だからこそ、このくらいの逆境にならなければ尻に火がつかないのです。現在の逆境は、「ここ一番の現在を頑張るパワー」になっています。そう思い込んでいます。

また、この逆境は付き合いの残業や理不尽よりはマシかと考えています。実際、残業が多かった前の職場よりは身体のストレス反応は少ないです。

最後に、職場での態度としては誠実で明るくあることです。毎日の積み上げで「結果」を出せていれば、心の余裕も保たれます。他人を嫌な気持ちにさせて良いことなど一つもありません。自らの首を絞めないためにも、職場での態度には気を付けながら、残業をしないヒトになりましょう。

本当に収入増につながる?

もちろん、収入増に直接繋がらない可能性はあります。

しかし、ここで挑戦して「結果」を残すことが次に繋がります。未来にくる波に乗れるのです。少なくともその可能性が生まれるのです。そう信じて準備をしましょう。自らを向上させた先の未来に期待しましょう。

ちなみに、情報を効率的に収集&整理&発信できるツールとしてiPadは超優秀です。こちらの記事で私の活用方法について書きましたので、よろしければご覧ください。

まとめ:「未来の自己衰退」予防に、今から結果を積み上げよう!

自らの興味のある分野専門性を伸ばし、先端情報に明るくなることで、未来にくる波のりの準備をしよう!残業しないことで、結果を出すための時間を作り出そう!